Archive for the ‘リフォーム’ Category

23
9月

仮住まいと解体工事

Posted by andy

建て替えや大きなリフォームのときは、仮住まいが必要です。工期は4~8ヶ月ですから、一時的であってもその期間生活するので、早めに必要な知識と費用を準備しなければなりません。解体工事が必要な場合はプラス2週間の時間をみましょう。

仮住まいは一般的な賃貸住宅とは事情が違います。短期を前提にした物件は数が限られます。仮住まい専門の不動産会社に頼むのが一番ですが、希望エリアの不動産屋さんは大家さんとも親交があり、短期の相談がしやすいかもしれません。
建物の広さは家財が入りきらないと、トランクルームの費用が発生します。古くても広い家を借りるのか、使いやすい新しい家とトランクルームを借りるのか、生活のスタイルや新居への距離等も踏まえて判断しましょう。
通常家賃の4~6ヶ月分相当の初期費用が必要ですが、短期という条件だと礼金敷金が安くなることがあります。契約期間は一般的には2年ですが、早期解約に違約金が発生する特約は要注意です。賃料発生日は申し込みから2週間後くらいなので、工事の日程を考慮して決めましょう。

解体工事は、依頼してすぐにスタートできません。建築リサイクル法や廃棄物処理法などの法律があり、事前に解体業者は各種届出を行い、建て主は近隣へ挨拶するなど、準備期間が必要です。
解体業者は法律にのっとった許可を得ており、産業廃棄物の適切な処理をしている業者を選び、現地を見てもらい見積もりを取ります。工事範囲が分かる書類を提出してもらい、漏れや追加工事が発生しないように気をつけて各業者を比較しましょう。工事を依頼する業者に解体工事も一括して依頼するのもひとつの案です。

27
3月

キッチンのリフォーム

Posted by andy

  実家は数年前に中古で購入した築20年ほどの住宅を初めてリフォームにて手を加えました。リフォームといってもキッチン周りのみなのですが、なにせ古い住宅の為、台所は薄暗く使い勝手の悪いものでした。

 今回、親戚の勧めで大分リフォームを主におこなっているという工務店にお願いすることにしました。

 親戚の家は大がかりなリフォームでしたが、実家はキッチンのみです。それでも快く引き受けてもらえ助かりました。

 リフォーム前は壁付けのキッチンでした。キッチン台の高さが低く、食材を切るにも洗い物をするにも背中を丸くしての作業は、楽なものではありませんでした。

 新しくしたシステムキッチンは高さが選べたので、母は身長が高いほうなので90センチを選択しました。キッチンとダイニングを隔てていた壁を抜いてもらい、L字型のキッチンにしました。壁を取り払い対面式にしたことで、解放感がありキッチンの暗さもなくなりました。食事の片づけをテレビを観ながら、また家族の気配を感じながらおこなえるのがいちばん嬉しいですね。

 いままでキッチンで作業することが億劫でしかたなかったのですが、リフォームしてからは真新しいキッチンに立つのが楽しくてたまらないそうです。シンク前のカウンターでキッチンハーブも育てはじめました。父も進んで手伝いをしてくれるようになり、たいへん助かっています。

 リフォームしてもらった工務店は対応がよく親切でした。また機会があれば他の水回りのリフォームもお願いしてみたいと思っています。

14
2月

花粉知らずのサンルームテラス

Posted by andy

  寒い冬が終わると穏やかな季節の春がやってきます。ぽかぽかと陽気な太陽の光を浴び気温が上昇してくると、冬の寒さから解放されて気分まで楽しくなってきますね。しかし、ただ春が来たからと喜んでばかりもいれない人が年々増えてきています。そうです、春の到来と共にやってくるすぎ花粉のしわざです。

 花粉症発症人口は増える一方で、小さい子供たちまで花粉アレルギーに悩まされるようです。

 春はぽかぽか陽気と花に恵まれる季節ですが、花粉症の人にとっては、外にでることさえ戸惑われてしまいます。

 住宅においてもそうです。せっかくの洗濯日和なのに洗濯物を外に干せなかったり、庭の芝生がきれいな緑色になっても花が咲いても庭にでて楽しむことができません。

 ではいったいこれらを解消する手立てはあるのでしょうか。

 庭付きの住宅に住んでいるのであれば、ちゃんと解決策があります。

 家族そろって花粉症に悩む姉ファミリーは、大分で注文住宅を建てる際、花粉症であることを前提に庭の一部に突き出すような形でサンルームテラスを一室設けました。屋外のテラスにいるような開放感でありながら、屋内というこのサンルームテラスは休日ともなると姉家族の憩いのスペースとなっているようです。雨が降ってもだいじょうぶなうえ、天井部はサンシェード仕様となっているので、日差しを調整することができます。

 花粉の飛ぶ季節がきても天気が良ければサンルーム内に洗濯物を干すことができ、イスとテーブルを置けば、庭をみながらお茶をすることもでき、姉は家を建てる時にも、リフォームするにも絶対にサンルームテラスは作るべきだと、しきりに言っていました。

09
7月

住宅ローンは審査がある

Posted by andy

住宅ローンは、住宅を購入するのに必要なローンです。

もちろん全額を現金で払える場合はその限りではありません。

この住宅ローンは住宅と名前にあるように住宅を購入することを目的としたときに借りることが出来ます。

住宅ローンを使う目的が自分が住むために住宅を購入することや、住宅のリフォームに使うなど住宅ローンを使える範囲は限られているので詳細は確認しておくといいでしょう。

住宅ローンの契約をするためにも条件があります。

住宅ローンを借りる金融機関では住宅ローンを貸すかどうかの審査をします。

審査には事前審査(仮審査)と本審査があります。事前審査は任意で受けることができます。

インターネット上で事前審査を受けることができるサービスもあるので、事前審査の敷居は下がっています。

事前審査に通れば本審査でも通ることが多いので事前審査を受けるのがオススメされています。

本審査に通れば契約になります。金銭消費貸借契約というものを結びます。

金銭消費貸借契約とは、今お金が必要です。将来的にお金を返しますという契約のことです。

この金銭消費貸借契約の契約書には収入印紙が必要になります。

契約書の金額が500万円を超えていて1000万円以下の場合には1万円の収入印紙が必要です。

1000万円を超えていて5000万円以下の場合には2万円の収入印紙が必要です。

この印紙税のように住宅ローンを借りるときには諸費用がかかってきます。

諸費用だけでもずいぶんな金額になるので考えに入れておいてください。