Archive for 8月, 2011

27
8月

住宅ローンの保証料

Posted by andy

住宅ローン契約に必要になってくる諸費用のことを詳しく説明します。

諸費用には前回も書いた印紙税、ローン保証料、火災保険などの保険料、登録免許税、登記手数料、団体信用生命保険、融資関係の手数料などが必要な費用になってきます。

ローン保証料とは、住宅ローンを借りるときには保証会社を保証人にすることが求められます。

貸す側としては保証会社を保証人につけることで、保証会社から回収することができます。

個人の保証人よりも保証会社のほうが金融機関としても安心できるわけです。

保証会社が住宅ローンを返済した場合には、保証会社に対して返済をしなければいけません。返済をしなくてもよくなるわけではないことを知っておきましょう。

火災保険などの保険料は、火災保険や地震保険の保険料です。

地震保険は任意ですが加入しておいたほうがいいでしょう。

登録免許税は不動産の権利登記にもかかります。

住宅ローンの場合には抵当権の設定登記で課税します。

登記手数料は不動産の登記に関する手続きを司法書士がした場合に支払う手数料です。

団体信用生命保険は住宅ローンを借りるときに民間の金融機関ではほとんど加入しなければいけません。

この保険に加入することで万が一被保険者が死亡したら保険金で住宅ローンを返済することができます。

加入していなかった場合は遺族が残った住宅ローンを返済していかなければいけなくなるかもしれません。融資関係の手数料には事務手数料などがあります。