Archive for 3月, 2016

16
3月

吹き抜けのある家

Posted by andy

我が家はリビングの一部に吹き抜けを取り入れました。最初この吹き抜けを取り入れるかどうか非常に悩みました。吹き抜けにすることでより広さや開放感を感じられるようになります。二階にまで視界が繋がることで面積以上の広さを実感できるのです。

また高い位置に設けられた窓からはたくさんの日差しを採りこむことができ、リビングを明るく照らしてくれるのです。また家族が一階と二階でバラバラに過ごしていてもこの吹き抜けを通して互いの気配を感じられ、家族の繋がりを感じることができたり、安心感を高められるのです。また一階と二階で会話がしやすくなるという魅力もあります。

しかし吹き抜けのデメリットとして挙げられるのは、冷暖房効率を低下させるということです。時に暖房使用時です。暖かい空気は上昇します。暖房を入れていても吹き抜けがあることで、温かい空気は二階へ行ってしまいリビングの足元はひんやりしてしまうのです。吹き抜けを取り入れるには、住宅の断熱性を高めるのと同時に、熱の出入り口となる窓の断熱性も高めましょう。そうすれば冷暖房効率を高められ、吹き抜けを取り入れても冷暖房効率を下げることはないのです。むしろ一階と二階で温度差の少ない家になるのです。

実際に吹き抜けのある家で生活してみて感じるのは思っていた以上に音が響くことです。会話のしやすい家という風にいい方向に考えられればいいのですが、音の響きが気になるという人もいるでしょう。また料理のにおいが二階にこもりやすいということもあります。吹き抜けのメリット・デメリットありますが自分達のライフスタイルに合わせて取り入れるかどうかを決めてみてもいいと思います。