Archive for 6月, 2017

01
6月

間取り

Posted by andy

家造りを進める上でまず最初に決めることは間取りです。この間取りによってその住まいの暮らしやすさが大きく変わってくるだけに、住宅内の動きをイメージしながら無駄な動きがない住まいを目指し間取りを決めるといいのです。

行き止まりをなくし、動線のスムーズさを確保することで住みやすさが高まるのです。専業主婦である私は、日々家事や育児に追われています。そんな私が間取りを決める際に重視したのが家事動線です。家事には365日休みがなく、自分が高齢になった時でも続けなければならないものであるだけに、家事を効率よく、体に負担がかからないように行える環境を整えておきたかったのです。

そこで家事の中心であるキッチンからの動線に注目しました。キッチンで家事を行いながら、洗面室で別の家事を行う機会は多いです。同時に2種類の家事を行うキッチンと洗面室は隣接させて家事動線を短くしました。そして、洗面室には洗濯機を設けているため洗濯を行う場所でもあります。

その洗面室から洗濯物干場の動線も家事を行う上では重要なのです。家事の中で洗濯が一番体力が必要です。重たい洗濯物を抱えて移動しますし、肩を上げて洗濯物を干したり動作も多いです。洗面室から洗濯物干場の動線はできるだけ短くしておくと体への負担が軽減します。洗面室に勝手口を設けて、その先に洗濯物を干すようにすればほとんど移動することなく洗濯物が干せるのです。

洗面室は家事を行うだけでなく、手洗いや歯磨き、ヘアセットやお化粧、入浴の前後など家族みんながいろいろな用途で使用します。長時間過ごすリビングからのアクセスや、帰宅して玄関から洗面室へのアクセスにも配慮して設置場所を決めましょう。スムーズな動線で住宅内の行き来がしやすい家にしましょう。