15
2月

注文住宅と建売住宅

Posted by andy

住宅を購入する際、注文住宅にしようか建売住宅にしようか迷う家庭も多いのではないでしょうか。まずはそれぞれの特徴を知り、自分達に合った方を選択しましょう。
注文住宅は、自由度が高いのが最大の魅力です。間取りや設備はもちろんのこと、壁紙やドアなどまで自分の好みのものを選ぶことができます。住宅への希望やこだわりをしっかり持っている人は注文住宅で、自分達のこだわりが活かされたオンリーワン住宅を手に入れることができます。設計してから建築するので、時間はかかってしまうのですが、建築過程を細かくチェックできるので安心できます。コストにおいては、自分達の判断でローコストに抑えることもできますし、こだわりたい部分はグレードを上げることもでき自分達にここも自由に選択できるのです。しかし、図面やサンプルなどで設計を決めるため、一般の人には仕上がりがイメージしにくいです。また、土地の購入と建築と2工程になるため、その都度異なる相手と契約を結び、費用は支払わなくてはなります。

建売住宅は、価格が最初から明示されており、住宅の間取りや設備・仕様・デザインとあらかじも決まっています。そのため暮らしをイメージしやすいのです。土地を探す手間がかかりませんし、価格の安さで建売住宅に決める人も多いです。同じ住宅を注文住宅で建てた場合より割安になります。土地と住宅を一括購入するので、1工程で短期間にマイホームを取得でき、時間や手間をかけたくない人には建売住宅の方が合っているのかもしれません。しかし、自由度が全くありません。また、建築過程をみることができないので、建材や工事方法などのチェックが難しいのです。
自分達に合った方を選択し、最高のマイホームを手に入れたいものです。

Comments are closed.