28
7月

動線と収納

Posted by andy

間取りを決める際には動線を意識して決めることが大事だと思います。日々行う家事スペースにおいては女性目線で家事を行う動きを考えながらそれぞれの配置を決定すると家事効率を高めることができ、家事を手早くスムーズに行えるようになるのです。動線を意識して間取りを決めた後はそれぞれの空間に収納スペースをしっかり確保しておくことが大切です。収納はただスペースがあればいいというものではありません。適材適所に使い勝手のいい収納スペースを設けなければ意味がないと思います。

女性目線で住宅を見ると一番重要な部分はキッチンと洗面室です。キッチンでは日々料理をし、キッチンでの家事を行いながら洗濯の家事も同時に行います。このことを考えるとキッチンと洗面室の動線は短く、そしてスムーズに行えるようにする必要があるのです。そしてどちらの場所にも収納しておきたいものは多いのでしっかり収納スペースを確保しておかなければ満足度に欠ける住宅になるでしょう。

キッチンにはパントリーを設けておくと便利です。缶詰や乾物、レトルト食品など食材と賞味期限がしっかり把握できるように陳列して収納しておけば、賞味期限切れで無駄にすることもなくなり、またどこに何をなおしているのか一目で把握できるので料理の効率も高まります。ついつい特売になると食材を買い込んでしまうという奥様はこのようなパントリーがあればスッキリ片付きキッチンもごちゃごちゃしません。洗面室においてはタオルだけでなく、下着や部屋着まで収納しておけば家族みんなが使いやすい洗面室になります。動線と収納をしっかり考え間取りを決めましょう。

Comments are closed.