01
9月

洗面室の充実

Posted by andy

洗面室を充実させたいと考える人は多いです。洗面と脱衣室を分ける人さえいるほどです。洗面室の一般的な広さは1坪と言われています。しかし最近では1坪以上の広さに余裕のある洗面室を設ける家庭が増えてきました。洗面室は家族みんなの使用頻度が高い場所です。手洗いや歯磨き、入浴の前後、ヘアセットやお化粧など身支度をする場所でもあります。それに加え、洗濯機を設置することから家事を行う場所でもあります。色々な用途で使用される洗面室なだけに、広さに余裕のある洗面室にしたいと思う人が多いのです。

広さに余裕があれば、広さのある化粧台を設置できます。家族が二人並んで歯磨きや身支度が行えるのです。このようにしておくことでバタバタする朝の時間帯でも洗面室で人が溢れるようなことも避けられます。また収納スペースを充実させることもできます。天井にまで広がる可動オープン棚を設け洗面室の収納力をアップさせる人は多いです。このような収納スペースがあればタオル類だけでなく、下着や部屋着、パジャマまで収納しておくことができます。洗面室にこれらのものまで収納しておくことができれば、入浴前の準備もしやすく洗面室にあったら便利な物が全て揃うので生活の送りやすさを実感できると思います。

女性の多くはゆったり座ってお化粧をしたり、入浴後のお肌のナイトケアをしたいと考える人も多いです。これを実現させるためには広さに余裕がないと難しいです。化粧台と洗濯機を設置することが多い洗面室はできるだけデッドスペースを生まないようにして、収納力をアップさせること、そして居心地のいい空間にするために湿気がこもりにくく、明るさをしっかり確保できる空間にしておきたいものです。

Comments are closed.