09
1月

住まいの第一印象

Posted by andy

住まいの第一印象を決めるのは玄関です。この玄関は住宅の顔とも言われるだけにスッキリと清潔感溢れる空間にしておきたいものです。最近では玄関を広めに確保し、土間収納を設け玄関周りの物をきちんと片づけられるようにする家庭が非常に多いです。天井にまで広がる可動オープン棚には家族の靴を大容量に収納しておくことができます。

靴を箱ごと収納しておけたり、長靴やブーツなど高さのある靴でもストレスなく収めることができるのです。玄関横の収納スペースを充実させることで玄関部分に物や靴が散らかることが少なくなります。空間的にも余裕が生まれ広さや開放感を感じられる玄関が広がるのです。物がない玄関にはイスを置くことで、ブーツなど履くときには楽になりますし、高齢者が靴の脱ぎ履きを格段にしやすくなります。

この玄関収納にいつも着用する上着を一時置きできるようなコートクロークを設けている家庭も少なくありません。ここに上着を収納できることで、リビングに上着が脱ぎっぱなしになることを避けられますし、外出時はわざわざ二階のクローゼットまで上着を取りに行く手間が省けます。

気をつけておきたいのが、玄関収納の換気です。窓を設けて空気を循環させたり、換気扇を設置したりしっかりと対策を取らなければ、夏場は嫌なニオイが充満しますし、湿気で靴や衣類にカビが発生してしまいます。私の友人宅では玄関の第一印象を良くするのに吹き抜けを取り入れていました。玄関を吹き抜けにすることで、玄関がより明るくなり、広さや開放感がプラスされます。照明がなくてもパッと明るい玄関は第一印象を良くすること間違いありません。玄関の重要な空間ですので物を片付き、いい印象を与えられるような工夫をしておきましょう。

Comments are closed.