09
1月

住まいの第一印象

Posted by andy

住まいの第一印象を決めるのは玄関です。この玄関は住宅の顔とも言われるだけにスッキリと清潔感溢れる空間にしておきたいものです。最近では玄関を広めに確保し、土間収納を設け玄関周りの物をきちんと片づけられるようにする家庭が非常に多いです。天井にまで広がる可動オープン棚には家族の靴を大容量に収納しておくことができます。

靴を箱ごと収納しておけたり、長靴やブーツなど高さのある靴でもストレスなく収めることができるのです。玄関横の収納スペースを充実させることで玄関部分に物や靴が散らかることが少なくなります。空間的にも余裕が生まれ広さや開放感を感じられる玄関が広がるのです。物がない玄関にはイスを置くことで、ブーツなど履くときには楽になりますし、高齢者が靴の脱ぎ履きを格段にしやすくなります。

この玄関収納にいつも着用する上着を一時置きできるようなコートクロークを設けている家庭も少なくありません。ここに上着を収納できることで、リビングに上着が脱ぎっぱなしになることを避けられますし、外出時はわざわざ二階のクローゼットまで上着を取りに行く手間が省けます。

気をつけておきたいのが、玄関収納の換気です。窓を設けて空気を循環させたり、換気扇を設置したりしっかりと対策を取らなければ、夏場は嫌なニオイが充満しますし、湿気で靴や衣類にカビが発生してしまいます。私の友人宅では玄関の第一印象を良くするのに吹き抜けを取り入れていました。玄関を吹き抜けにすることで、玄関がより明るくなり、広さや開放感がプラスされます。照明がなくてもパッと明るい玄関は第一印象を良くすること間違いありません。玄関の重要な空間ですので物を片付き、いい印象を与えられるような工夫をしておきましょう。

06
11月

間取り

Posted by andy

家造りで最初に行うことが、間取りを決めることです。この間取りが非常に重要なのです。間取りによってその後の暮らしが大きく変わってくると言っても過言ではないのです。間取りを決める際には、生活動線と家事動線とこの両面を考える必要があるのです。よく行き来する場所はどこなのか、その移動はスムーズに行えるのか、毎日の生活をイメージしながら自分達のライフスタイルに最適な間取りにしなければいけないのです。

私は家事や育児に毎日奮闘する専業主婦です。この私が家造りの間取りで重視したのが家事動線です。家事動線に配慮することで、365日休みのない家事へ負担やストレスを感じることなく、楽しみながら家事を行えるようになるのです。家事動線を考える上で重要な空間はキッチンと洗面室の動線です。キッチンで炊事をしながら、洗面室で別の家事を行うということはよくあります。家事を行う上で行き来を頻回にするこの二つの空間はできるだけ動線を短く、そして行き来のしやすさを確保しておきましょう。

そしてこの洗面室から洗濯物干し場への動線も大事なのです。濡れて重くなった洗濯物を持ち運ぶので動線が短い方が体にかかる負担も軽減されます。一番いいのは、洗面室に勝手口を設けて、その先に洗濯物干し場を設けるスタイルです。このようにしておけば洗濯物を持ち運ぶ手間が省けますし、動線も短いので効率良く洗濯物を干せるのです。私はこの家事動線に注目しましたが、住宅全体の間取りを決めるには、生活動線もしっかり考慮する必要があります。トイレはどこに配置した方がいいのか、どこにどのくらいの広さの収納スペースを設ければいいのかなど、しっかりと考えて間取りを決めましょう。

01
9月

洗面室の充実

Posted by andy

洗面室を充実させたいと考える人は多いです。洗面と脱衣室を分ける人さえいるほどです。洗面室の一般的な広さは1坪と言われています。しかし最近では1坪以上の広さに余裕のある洗面室を設ける家庭が増えてきました。洗面室は家族みんなの使用頻度が高い場所です。手洗いや歯磨き、入浴の前後、ヘアセットやお化粧など身支度をする場所でもあります。それに加え、洗濯機を設置することから家事を行う場所でもあります。色々な用途で使用される洗面室なだけに、広さに余裕のある洗面室にしたいと思う人が多いのです。

広さに余裕があれば、広さのある化粧台を設置できます。家族が二人並んで歯磨きや身支度が行えるのです。このようにしておくことでバタバタする朝の時間帯でも洗面室で人が溢れるようなことも避けられます。また収納スペースを充実させることもできます。天井にまで広がる可動オープン棚を設け洗面室の収納力をアップさせる人は多いです。このような収納スペースがあればタオル類だけでなく、下着や部屋着、パジャマまで収納しておくことができます。洗面室にこれらのものまで収納しておくことができれば、入浴前の準備もしやすく洗面室にあったら便利な物が全て揃うので生活の送りやすさを実感できると思います。

女性の多くはゆったり座ってお化粧をしたり、入浴後のお肌のナイトケアをしたいと考える人も多いです。これを実現させるためには広さに余裕がないと難しいです。化粧台と洗濯機を設置することが多い洗面室はできるだけデッドスペースを生まないようにして、収納力をアップさせること、そして居心地のいい空間にするために湿気がこもりにくく、明るさをしっかり確保できる空間にしておきたいものです。

28
7月

動線と収納

Posted by andy

間取りを決める際には動線を意識して決めることが大事だと思います。日々行う家事スペースにおいては女性目線で家事を行う動きを考えながらそれぞれの配置を決定すると家事効率を高めることができ、家事を手早くスムーズに行えるようになるのです。動線を意識して間取りを決めた後はそれぞれの空間に収納スペースをしっかり確保しておくことが大切です。収納はただスペースがあればいいというものではありません。適材適所に使い勝手のいい収納スペースを設けなければ意味がないと思います。

女性目線で住宅を見ると一番重要な部分はキッチンと洗面室です。キッチンでは日々料理をし、キッチンでの家事を行いながら洗濯の家事も同時に行います。このことを考えるとキッチンと洗面室の動線は短く、そしてスムーズに行えるようにする必要があるのです。そしてどちらの場所にも収納しておきたいものは多いのでしっかり収納スペースを確保しておかなければ満足度に欠ける住宅になるでしょう。

キッチンにはパントリーを設けておくと便利です。缶詰や乾物、レトルト食品など食材と賞味期限がしっかり把握できるように陳列して収納しておけば、賞味期限切れで無駄にすることもなくなり、またどこに何をなおしているのか一目で把握できるので料理の効率も高まります。ついつい特売になると食材を買い込んでしまうという奥様はこのようなパントリーがあればスッキリ片付きキッチンもごちゃごちゃしません。洗面室においてはタオルだけでなく、下着や部屋着まで収納しておけば家族みんなが使いやすい洗面室になります。動線と収納をしっかり考え間取りを決めましょう。

12
6月

多目的に使用できるファミリースペース

Posted by andy

我が家の新築住宅の二階には多目的に使用できるファミリースペースを設けました。まだこのスペースをどのように活用するかは決めていませんが、活躍してくれることは間違いないでしょう。子どもが小さい間は子どもの遊ぶスペースとして活用させようと思っています。
一階だけでなく、二階にも遊ぶスペースがあればお友達が遊びに来た時でものびのびと遊ぶことができます。少し成長するとテレビゲームをするようになるでしょう。一階のリビングでゲームをされるとテレビが見られなくなるので、二階のファミリースペースをゲームのスペースにしてもいいなと思っています。
寝る前の時間を家族でここで過ごすのもいいでしょう。家族でゲームをして楽しんだり、寝る前の時間をゆっくりくつろぐスペースとして重宝します。いざ眠くなっても寝室が近いので便利です。

また天井から吊るすタイプの室内用洗濯物干し場を設けました。雨の日など屋外に洗濯物を干せないという時は意外と多いです。吹き抜けに面してこの室内用の洗濯物干し場を設けたので、一階からの温風で洗濯物もしっかり乾くでしょう。
遊ぶ、くつろぐ、家事スペースとして様々な用途で使用できるファミリースペースが二階にあると二階で過ごす時間がより楽しいものになることでしょう。一階と二階で過ごす時間を比較してみると、格段に一階で過ごす時間が長いです。せっかく建てる二階建て住宅を無駄なく有効活用させるには二階にこのような空間があると一階でも二階でも楽しめる満足度の高い家になると思います。

06
5月

開放感と一体感のあるリビング

Posted by andy

リビングは家族が共に長時間過ごす空間です。
リビングはどの部屋よりも快適で居心地のいい場所にする必要があると思います。
このリビングを開放感と一体感というテーマで考えた時に外すことができないのが吹き抜けだと思います。吹き抜けリビングにすることで開放感を増すことができます。
高い位置に設けられた窓からは明るさを取りこむことができ、また開閉できる窓であれば空気の循環や、心地よい風を取りこむこともできます。

また開放感を増すことで面積以上の広さを得ることもできるのです。
またLDKの一体感も重要だと思います。キッチンにいても家族との繋がりを感じられるようにしておくことでコミュニケーションが取りやすくなります。
キッチンで家事をしながら子どもの様子を確認しやすく安心感も高まります。
吹き抜けにすることで一階と二階も緩やかに繋ぐことができるのです。
一階から二階に声をかければ聞こえる距離感なのです。
家族がバラバラの部屋にいてもどこか近くに感じられる家は家族の繋がりをより一層感じることができると思います。
マイホームは家族にとって大事なものだと思います。それぞれの個室を充実させるのではなく、まずは家族が共に過ごす場所の充実が最優先だと思います。

そのためにもリビングの開放感で居心地の良さや快適性をプラスし、どこにいてもコミュニケーションを大事にできる一体感は必要不可欠だと思います。
リビングの重要性を今一度考え家族みんなが満足できる空間に仕上げたいものです。

20
3月

1ルーム2ドア

Posted by andy

子ども部屋は子どもの数に合わせて最初から個室を設けておくより、ワンルームの広々空間を設けて、子どもが将来的に個室を必要とし始めた時に個室とするスタイルが人気を高めています。
ワンルームなのですが将来的に二つの部屋になることを想定して、予めドアや窓、クローゼットに照明を設けておくのです。
これを1ルーム2ドアと言います。
我が家の新築住宅にもこれを採用する予定です。個室を必要とし始めるのは中学生頃です。

最近の子ども達は勉強や宿題を家族のいるリビングやダイニングで行うと聞きます。
我が家の子ども達はまだ小さいので、このことを考えると個室を必要とするのは当分先の話です。
最初から個室を設けておくと子ども部屋で過ごす時間はほとんどないでしょう。

しかし子ども部屋を広々ワンルームにしておくことで二階にも子ども達の遊ぶスペースとして活用できます。
個室では兄弟姉妹が仲良く一緒に遊ぶというのはしにくいですが、広々ワンルームであればお友達が遊びに来た時ものびのびと遊べます。
家族みんなで寝ることもできます。
ただでさえ二階は寝る時しか使わないという家庭が多いと思いますが、子ども部屋を広々ワンルームにすることで二階で過ごす時間も増えると思います。

子ども部屋は子どもの成長と共に変化が求められる空間でもあります。
その変化に対応できる子ども部屋にするには1ルーム2ドアが一番いい選択だと思っています。
我が家は子ども部屋がそれぞれの個室になった時でも圧迫感を感じないように勾配天井にしています。そのような工夫が必要なのだとも思います。

03
2月

和室

Posted by andy

日本人なら誰もが和室の居心地の良さは理解できていると思います。
私の実家は畳のある和室の方が多いです。
私は畳の部屋に慣れているので、現在住んでいる住宅が全室フローリングなのでどこか落ち着きません。
そんな我が家も新築住宅を建てることとなり、必ず和室を設けようと思っています。
和室を独立した部屋にするか、リビングの延長上に設けるか悩みましたが、リビングの延長上に設けるようにする予定です。

リビングの延長上にする方が和室の使い勝手が高まり、多目的で和室を使用できるからです。
和室を独立した部屋にすれば急な来客者をお通しするには便利ですが、ほとんど使用しない部屋となりがちです。
リビングの先に和室を設けることで、リビングの開放感も増してくれます。
いざという時は個室として使用できるように、リビングとの間には三枚引き戸を設ける予定です。
三枚引き戸にすることで開口部が広くなるので開放感がより高まるのです。

子どもと昼寝をするにもこの和室があると大変重宝することでしょう。
また子どもの遊び場としてもいいですし、家事をするのにも畳があるとしやすいです。
また親戚や友人が泊まりに来た際もこの和室を使用してもらいゆっくり休んでもらうこともできます。
そのことも踏まえて6帖の広さを確保しました。
しっかり物置も設けてあるので布団や着替えの多い子どもの衣類はそこに収納できるようにする予定です。
洋風のリビングとの調和がしっかりとれた和室にしようと思っています。
畳の色や照明器具、カーテンなどのアイテムを上手に取り入れる必要がありそうです。

☆PR☆-大分不動産情報サービス-
大分の新築、不動産、リフォーム 相談するなら大分不動産情報サービス

07
11月

ハウスメーカー選び

Posted by andy

住宅を建てる際に重要になってくるハウスメーカー選び。
我が家も新築を住宅購入しようと思い各ハウスメーカーへ行き、話を聞いています。
大手ハウスメーカーから地元に密着した工務店まで様々なハウスメーカーを見てきました。住宅についてあまり知識のない我々はハウスメーカー一つ選ぶだけでもなかなか即決できません。
住宅は人生最大の買い物なだけに失敗しなくないという思いが強くつい慎重になってしまいます。

大手ハウスメーカーから地元の工務店まで見てきた我が家は最終的には地元の工務店に依頼しようと思っています。
決め手となったのは我々の求める家により近い家を建ててくれそうということと、親身になって我々の理想の家について耳を傾けてくれ、分かりやすく説明してくれたことです。
大手ハウスメーカーも魅力的な部分はたくさんあります。
しかしその大半が自社製品の良さを全面的にアピールしてくることが最初は関心を持ち、興味を示していましたが途中からうんざりしてきました。

そして同時に住宅への知識を我々も身に着け何が良いのかということを見極める力も重要になってくるのです。
住宅への知識を身に着け、理想の家を漠然と思い描くのではなくより鮮明にしておくことで、その家を実現してくれそうなハウスメーカーを選べばいいので選択肢を絞りこむことができます。
人生最大の買い物となるだけに後悔することのないようにハウスメーカー選びから慎重に見極めていきたいと思います。
住宅においても人と人との関わりが信頼関係を生み、大切にしなければいけないことなのだと思います。

23
9月

仮住まいと解体工事

Posted by andy

建て替えや大きなリフォームのときは、仮住まいが必要です。工期は4~8ヶ月ですから、一時的であってもその期間生活するので、早めに必要な知識と費用を準備しなければなりません。解体工事が必要な場合はプラス2週間の時間をみましょう。

仮住まいは一般的な賃貸住宅とは事情が違います。短期を前提にした物件は数が限られます。仮住まい専門の不動産会社に頼むのが一番ですが、希望エリアの不動産屋さんは大家さんとも親交があり、短期の相談がしやすいかもしれません。
建物の広さは家財が入りきらないと、トランクルームの費用が発生します。古くても広い家を借りるのか、使いやすい新しい家とトランクルームを借りるのか、生活のスタイルや新居への距離等も踏まえて判断しましょう。
通常家賃の4~6ヶ月分相当の初期費用が必要ですが、短期という条件だと礼金敷金が安くなることがあります。契約期間は一般的には2年ですが、早期解約に違約金が発生する特約は要注意です。賃料発生日は申し込みから2週間後くらいなので、工事の日程を考慮して決めましょう。

解体工事は、依頼してすぐにスタートできません。建築リサイクル法や廃棄物処理法などの法律があり、事前に解体業者は各種届出を行い、建て主は近隣へ挨拶するなど、準備期間が必要です。
解体業者は法律にのっとった許可を得ており、産業廃棄物の適切な処理をしている業者を選び、現地を見てもらい見積もりを取ります。工事範囲が分かる書類を提出してもらい、漏れや追加工事が発生しないように気をつけて各業者を比較しましょう。工事を依頼する業者に解体工事も一括して依頼するのもひとつの案です。