Posts Tagged ‘住宅ローン’

07
1月

フラット35の仕組み

Posted by andy

住宅金融支援機構という公的な機関があります。

ここは元々は住宅金融公庫だったのですが、2007年の3月に廃止されて、2007年の4月に独立行政法人の住宅金融支援機構が業務を引き継ぎました。

この住宅金融支援機構が民間の金融機関と提携することで行っている長期固定金利のフラット35という住宅ローンがあります。

このフラット35の仕組みがどうなっているのかというとフラット35を扱う民間の金融機関から住宅金融支援機構がフラット35を買い取ります。

それを担保として債権を発行します。その債権を信託銀行などに信託します。

そして証券を発行し投資家から資金を集めて、フラット35の代金を支払うという流れになっています。

フラット35は取り扱っている金融機関によって金利が違ってきます。

なぜ取り扱っている金融機関によって金利が違うのかというと、取り扱っている金融機関の手数料が違ってくるからです。

フラット35のメリットを紹介します。保証料と繰上返済の手数料が無料です。

特に保証料は民間の金融機関では必要になることが多く負担になります。

諸費用の中で大きな割合を占めるのが保証料なのです。

保証料は借りる金額によって異なり、何十万円とかかる場合もあります。

住宅金融支援機構独自の技術基準で物件の検査を受ける必要があります。

お金はかかりますが、技術基準を満たしていると認定されることで住宅に信頼性を持つことができます。

私の友人もフラット35で三重に注文住宅を購入したそうです。

22
12月

頭金で返済は変わる

Posted by andy

住宅ローンを使って住宅を購入するときに頭金が必要になってきます。

今は頭金を用意しなくても住宅ローンで全ての費用をまかなうこともできるようです。

しかし頭金は用意しておいたほうがいいでしょう。

住宅を建てるときに必要になってくるのが建築費、別途工事費(外構工事など)、諸経費です。

一般的に住宅ローンを借りるときには最低限でも掛かる費用の20~30%を用意しておく必要があるといわれています。

これを用意しているか、用意してないかによって住宅ローンを返済する難易度が変わってきます。借りるお金が20~30%違うだけで返済金額が大きく違ってくるのです。

用意していても返済が難しくなる状況もあります。今は払える状況にあるかもしれませんが、先々のことを考えて返済できるか判断してください。

子供がいる場合には子供の養育費に多くのお金が掛かります。子供が成長するにつれて必要なお金も増えてきます。

他にも多くの出費があります。そういったことを充分に考えて住宅ローンでいくら借りるのかを考える必要があるのです。

新築を大分で考えている友人は頭金を貯めています。

住宅を購入する計画は早めに立ててその時期に向けてお金を貯めていくのが堅実なやり方ではないでしょうか。

それでも大変なところが出てくるとは思います。

何十年間と住宅ローンを返済していくのは想像以上に困難なことです。

住宅ローンの返済は先々でも余裕を持って返済ができる計画を立ててみましょう。

20
11月

安定した固定金利

Posted by andy

住宅ローンには金利があります。

金利というのは利息をパーセントで表したものをいいます。

金利が低くなれば返済額も少なくて済みます。

金利が一番低いのは変動金利です。

この変動金利というのは一定期間ごとに金利の見直しが行われます。

金利の見直しが行われることによって金利が変動するわけです。

つまり、今の時点では金利は一番低いけれども、今後金利が一番高くなるかもしれないというリスクを持っているのです。

半年に一回金利が見直されるのですがそのとき返済額が変わるわけではありません。

5年に一度返済額が変わるようになっています。

しかも、前の返済額の1.25倍までしか返済額は上がりません。

基本的に返済したお金は利息に優先的に充てられます。

金利が上がりすぎると、返済したお金が利息より少ない場合は全て利息に回されてしまい、元金が減らない状況になることもあります。

さらに利息は未払い利息となって積み重なってきます。

この場合返済できなかった分のお金は返済期間が終了した後に一括などで返済をしなければいけません。

このようなことにならないためにも事前によく検討しておく必要があります。

他に固定金利があります。固定金利は金利が高いのですが、金利が固定されているため返済額が事前に分かります。

そのため変動金利よりもリスクが少ないです。

健康住宅に大分の親戚が住んでいるのですが固定金利の住宅ローンを借りていました。

安定して返済できるのがよかったようです。

27
8月

住宅ローンの保証料

Posted by andy

住宅ローン契約に必要になってくる諸費用のことを詳しく説明します。

諸費用には前回も書いた印紙税、ローン保証料、火災保険などの保険料、登録免許税、登記手数料、団体信用生命保険、融資関係の手数料などが必要な費用になってきます。

ローン保証料とは、住宅ローンを借りるときには保証会社を保証人にすることが求められます。

貸す側としては保証会社を保証人につけることで、保証会社から回収することができます。

個人の保証人よりも保証会社のほうが金融機関としても安心できるわけです。

保証会社が住宅ローンを返済した場合には、保証会社に対して返済をしなければいけません。返済をしなくてもよくなるわけではないことを知っておきましょう。

火災保険などの保険料は、火災保険や地震保険の保険料です。

地震保険は任意ですが加入しておいたほうがいいでしょう。

登録免許税は不動産の権利登記にもかかります。

住宅ローンの場合には抵当権の設定登記で課税します。

登記手数料は不動産の登記に関する手続きを司法書士がした場合に支払う手数料です。

団体信用生命保険は住宅ローンを借りるときに民間の金融機関ではほとんど加入しなければいけません。

この保険に加入することで万が一被保険者が死亡したら保険金で住宅ローンを返済することができます。

加入していなかった場合は遺族が残った住宅ローンを返済していかなければいけなくなるかもしれません。融資関係の手数料には事務手数料などがあります。

09
7月

住宅ローンは審査がある

Posted by andy

住宅ローンは、住宅を購入するのに必要なローンです。

もちろん全額を現金で払える場合はその限りではありません。

この住宅ローンは住宅と名前にあるように住宅を購入することを目的としたときに借りることが出来ます。

住宅ローンを使う目的が自分が住むために住宅を購入することや、住宅のリフォームに使うなど住宅ローンを使える範囲は限られているので詳細は確認しておくといいでしょう。

住宅ローンの契約をするためにも条件があります。

住宅ローンを借りる金融機関では住宅ローンを貸すかどうかの審査をします。

審査には事前審査(仮審査)と本審査があります。事前審査は任意で受けることができます。

インターネット上で事前審査を受けることができるサービスもあるので、事前審査の敷居は下がっています。

事前審査に通れば本審査でも通ることが多いので事前審査を受けるのがオススメされています。

本審査に通れば契約になります。金銭消費貸借契約というものを結びます。

金銭消費貸借契約とは、今お金が必要です。将来的にお金を返しますという契約のことです。

この金銭消費貸借契約の契約書には収入印紙が必要になります。

契約書の金額が500万円を超えていて1000万円以下の場合には1万円の収入印紙が必要です。

1000万円を超えていて5000万円以下の場合には2万円の収入印紙が必要です。

この印紙税のように住宅ローンを借りるときには諸費用がかかってきます。

諸費用だけでもずいぶんな金額になるので考えに入れておいてください。