Posts Tagged ‘収納’

30
7月

ウォークスルー収納

Posted by andy

住宅への不満で常に上位を占めるのが収納です。収納は一か所に大型の収納庫があっても満足できるものではありません。適材適所に必要な物がきちんと収められ、その収められているものが出し入れしやすくなければ不満がでてくるのです。

最近では、玄関にはシューズクローク、キッチンにはパントリー、寝室にはウォークインクローゼット、洗面室には洗面クローゼットなど各所に収納スペースをしっかりと設けている家庭が多いのです。我が家も収納に充実した家がいい!と希望しました。そこで取り入れたのが、動線に沿った収納スペースを設けることです。

例えば、家事を行う上で行き来を頻回に行うのが、キッチンと洗面室です。この二つの空間で同時に2種類の家事を行うこともあるだけにこれらの動線は短いに越したことはないのです。我が家は、キッチンと洗面室をウォークスルー収納で繋いだのです。

通路の片側は、キッチンパントリーとして食材やキッチンアイテムを収納しています。そしてもう片側は洗面クローゼットとして、家族の下着やパジャマ、タオルなどを収納しています。夕飯の支度をキッチンでしながら、入浴前の事前準備をすることも多いです。家族の下着やパジャマを取り出し、その先に広がる洗面室にサッと置くだけで済みます。戻る時には、キッチンで使用する食材を取り出しキッチンに戻ることもでき、家事をする上で無駄な動きが一切ないので家事の効率も高まるのです。

私の友人宅には玄関と洗面室を繋ぐ形でクローゼットが設けられています。帰宅して、着ている上着やカバンをこのクローゼットにしまい、洗面室で手を洗うのです。後はリビングでゆっくりくつろげるのです。動線に沿った収納があると、住宅内の動きをコンパクトにでき、無駄な動きを省けるので暮らしやすい家になるのです。

22
5月

ファミリークローゼット

Posted by andy

我が家は生活の中心となる一階に家族の衣類を一か所で管理できるファミリークローゼットを設けました。これを設けたのは、家事への負担を軽減し、効率良く家事を進められるようにするためです。家事は休みがないものだけに、いかに効率良く、ストレスを感じることなく行えるかがポイントです。

私が家事の中で一番苦手なことが、たたんだ洗濯物を各クローゼットにしまうという作業です。夫婦の衣類、子ども達の衣類、タオルや下着とそれぞれ別々のクローゼットにしまっているため、洗濯物をしまうという作業だけで住宅内を行ったり来たりしなければなりません。無駄な動きが多く、ついつい後回しになりがちでした。この家事への不満を解消すべく、生活の中心である一階にファミリークローゼットを設けたのです。

一階に設けたことで、旦那さんや子ども達にとっても衣類の管理を自らしようという習慣が身に付いてきました。何よりも一か所で全ての物を収納できるので、住宅内の無駄な動きを省けたことが家事の効率をグンと高めているのです。このファミリークローゼットを設けた場所は、洗面室の隣です。

洗面室ではタオルを使用することも多く、入浴時には下着やパジャマが必要です。このような場合も洗面室の隣にきちんと必要な物が揃えられているため、タオルの出し入れや入浴の事前準備もしやすくなるのです。また外出先から帰宅すると洗面室で手を洗い、部屋着に着替えます。このような場合もサッと衣類を取り出せ着替えられるので洗面室の隣にファミリークローゼットを設けたのです。今でもファミリークローゼットがない暮らしが想像できないくらい便利さを感じています。

28
7月

動線と収納

Posted by andy

間取りを決める際には動線を意識して決めることが大事だと思います。日々行う家事スペースにおいては女性目線で家事を行う動きを考えながらそれぞれの配置を決定すると家事効率を高めることができ、家事を手早くスムーズに行えるようになるのです。動線を意識して間取りを決めた後はそれぞれの空間に収納スペースをしっかり確保しておくことが大切です。収納はただスペースがあればいいというものではありません。適材適所に使い勝手のいい収納スペースを設けなければ意味がないと思います。

女性目線で住宅を見ると一番重要な部分はキッチンと洗面室です。キッチンでは日々料理をし、キッチンでの家事を行いながら洗濯の家事も同時に行います。このことを考えるとキッチンと洗面室の動線は短く、そしてスムーズに行えるようにする必要があるのです。そしてどちらの場所にも収納しておきたいものは多いのでしっかり収納スペースを確保しておかなければ満足度に欠ける住宅になるでしょう。

キッチンにはパントリーを設けておくと便利です。缶詰や乾物、レトルト食品など食材と賞味期限がしっかり把握できるように陳列して収納しておけば、賞味期限切れで無駄にすることもなくなり、またどこに何をなおしているのか一目で把握できるので料理の効率も高まります。ついつい特売になると食材を買い込んでしまうという奥様はこのようなパントリーがあればスッキリ片付きキッチンもごちゃごちゃしません。洗面室においてはタオルだけでなく、下着や部屋着まで収納しておけば家族みんなが使いやすい洗面室になります。動線と収納をしっかり考え間取りを決めましょう。

06
4月

あんなところに収納が…

Posted by andy

山形の住宅に住む知人の家には、収納がたくさんあります

中でも私のお気に入りは畳の下にある収納です

和室がリビングより一段高くなっていて、畳の縁を持ち上げると中に収納できるようになっているのです

場所を取らないですし、大容量ですよ

収納の蓋になる畳を上げやすくするために、あえて一段高くしているんですね

ちょっと腰掛けるにもいいですし、うちもこうすればよかった~

ほかにも椅子の蓋がぱかっと開いて、中に雑誌が入っていたり

ダイニングテーブルに引き出しが付いていて、中からランチョンマットやお箸、フォークとスプーンが出てきたり…

きちんと収納されているだけでなく、楽しいですよね!

宝探しみたいですよ(笑)

階段下の収納は倉庫になっています。この階段下の倉庫には外から入るようになっているので知人は自転車を入れています

さらにさらに、2階の天井裏にも収納があり、普段使わないものは天井裏へ…

クローゼットや押入れが各部屋にしっかり付けられているのはもちろんですが、ウォーキングクローゼットも広いんですよ

造り付けのテーブルの下も収納ですし、脱衣所の作業机の下やキッチンのパントリー…

これでもかっというほど収納があります

そのおかげで、物があふれることもなく、各収納場所にもゆとりがあります

どこになにがあるか把握しやすくなるので良いそうですよ

そんなゆとりのある生活してみたい(涙)